お急ぎ便を無料で利用するにはAmazonプライム会員(年会費4900円税込)に入る必要があります。

アマゾンだから翌日配送とは限らない

商品を運ぶ車のおもちゃ

お急ぎ便と当日お急ぎ便

お急ぎ便とは、届け先に通常より早く商品を届けてもらえる配送オプションのことです。
お急ぎ便には「お急ぎ便」「当日お急ぎ便」の2種類があります。
お急ぎ便であれば、注文が確定した日から3日以内、つまり早ければ翌日に商品を届けてもらえます。
そして当日お急ぎ便は、なんと注文した当日に商品を届けてもらうことができるのです。
できるだけ急ぎで商品を受け取りたい場合、とてもありがたいサービスですよね。

 

ただし、これらのお急ぎ便を無料で利用するには年会費が税込4900円のAmazonプライム会員に入る必要があります。
(2019年4月に3900円より4900円へ変更)非プライム会員がお急ぎ便を利用する場合は別途配送料がかかります。

 

 

全てがお急ぎ便の対象ではない

アマゾンのお急ぎ便についてご紹介しましたが、利用できないケースもあるので注意が必要です。
お届け先が沖縄や離島、また、アマゾンが設定しているお急ぎ便配達不可地域というものに該当する場合はお急ぎ便が利用できません。
また、代金の支払いにコンビニやATM、電子マネーなどを指定している場合もお急ぎ便対象外とされているので注意しましょう。

 

 

配送が遅延することも

遅延に困っている女性の画像

共働きの夫婦が増えたことや、高齢化によるシニア世帯の増加から、お店へ出向いてお買い物するよりネットでお買い物を済ませる方が利便性が高いと考える人が増えています。
そういった時代背景もあり、アマゾンはもちろん、それ以外のネット通販が多く利用されているのが現状です。
ネット通販が多く利用されると、もちろんですが宅配便の数が増え、宅配業者の負担が大きくなりますね。
アマゾンが配送を依頼している大手運送会社ヤマト運輸。
このヤマト運輸で、人手不足による長時間労働問題が深刻化しているというニュースが世を騒がせたのは記憶に新しいことです。

 

一時はアマゾンの当日お急ぎ便サービスからの撤退を検討しているとの話が浮上したほどです。
こういった背景から、指定していた日時より配送が遅延することもあるみたいです。

 

 

まとめ

アマゾンを利用すると、商品がすぐ届け先に届くというイメージがあります。
もちろんそのようなサービスもあるので非常に便利ではありますが、
そのサービスを利用するには条件や例外があるということも押さえておきましょう。

TOPへ